2020年9月25日金曜日

ハードウェア表面処理の細分化は、いくつかのカテゴリに分類できます

 ハードウェア処理とは、お客様の図面やサンプルに応じて、旋盤、フライス盤、穴あけ機、グラインダー、研磨などの機械を使用して、原材料(ステンレス鋼、銅、アルミニウム、鉄)をネジ、モーターシャフト、モデルなどのさまざまな部品に加工することです。自動車部品、モバイルパワーシェルなど。ハードウェア表面処理の細分化は、ハードウェア塗装処理、電気めっき、表面研磨処理、ハードウェア腐食処理などに分けることができます。


研磨:原理は、定期的な溶解によって明るさと滑らかさを実現することです。方法:機械的、化学的、または電気化学的効果を使用して、ワークピースの表面粗さを減らし、明るく滑らかな表面を取得します。ワークピースの表面を修正するのは、研磨ツールと研磨粒子または他の研磨媒体の使用です。


酸化は、アルミニウムの硬質酸化、ダイキャストアルミニウム酸化、色酸化、アルミニウム陽極酸化、自然色酸化などに分けられます。


不動態化:原理はフィルム理論で説明できます。不動態化は、金属と酸化物質の作用によるもので、作用中に金属表面に非常に薄く、緻密で、良好な被覆性能を形成し、金属表面にしっかりと吸着します。パッシベーションフィルム。従来のフィジカルシール方式と比較して、パッシベーション加工は、ワークの厚みを増やさず、色を変えず、製品の精度や付加価値を高め、操作性を向上させるという特徴があります。


接着剤:接着剤はスタンプの重要な機能の1つです。


機械加工:旋削、平削り、フライス加工、研削、圧延:歯は2本のねじ棒を使用して処理するワークピースを絞り、部品の表面がねじ山から押し出されるようにします。タッピング:タッピングは、おねじを処理または修復するために使用されるダイです。内部にねじがあります。手動で処理することも、ねじ切り機で使用することもできます。電気めっき:電気めっきは、ラックめっき、バレルめっき、連続めっき、ブラシめっきに分けられ、主にめっきする部品のサイズとバッチに関係します。

Share: