2020年9月23日水曜日

CNC機械加工がワークピースに加工代を残す理由

 CNC加工の各工程で取り除かれる金属層の厚さを工程間の取り代といいます。外円と穴のねじれ面は、直径から取り代を考慮しているため、対称取り代(つまり、左右差)と呼ばれ、実際に除去される金属層の厚さが取り代の直径となりますハーフ。平面の取り代は、片側の取り代です。これは、実際に除去される金属層の厚さです。

ワークピースに取り代を残す目的は、鋳造の外側のチルド層、細孔、砂層、および鍛造品の外側のスケール、脱炭層、外部クラックなど、前のプロセスで残された加工偏差と外部欠陥を取り除くことです。 、切断後の内部応力層と外部粗さ。これにより、ワークピースの精度と表面粗さが向上します。取り代の大きさは、加工品質や生産効率に大きく影響します。


過剰な加工代は、加工の労力を増加させ、生産性を低下させるだけでなく、材料、オブジェクト、および電気のコストも増加させます。CNC加工は、処理コストを増加させます。取り代が小さすぎると、前工程の様々な欠点やバラツキを解消できず、本工程の加工時のクランプズレを補正できず、無駄になってしまいます。選択基準は、CNC加工の品質を保証するという前提の下で、マージンをできるだけ小さくすることです。一般的に、仕上げが多いほど、プロセスマージンは小さくなります。


theCNC加工シーケンスを決定する際には、部品を処理する前に前処理する必要があるかどうかも明確にする必要があります。通常、前処理は通常の工作機械で行われます。ブランクの精度が高い場合、位置決めの信頼性が高い場合、または取り代が十分かつ均一である場合、前処理を実行する必要はなく、CNC工作機械で直接処理する必要があります。このとき、CNC機械プロセスの分割は、1つのプロセスで完了するか、複数のプロセスに分割できる大まかな大まかな参照の精度に従って考慮する必要があります。

Share: